「おとぎ話の生物学」壮大な謎解きが面白い本

Pocket
LINEで送る

こんにちは、あかねです。

蓮実 香佑著書「おとぎ話の生物学ー森のキノコはなぜ水玉模様なのか?ー」を読みました。

夜、娘におとぎ話の読み聞かせをする著者。すると、「なんで?どうして?」子どもならではの疑問がたくさん飛び出します。

 

おとぎ話に出てくるキノコはなぜ水玉模様なのか

なぜ魔女は白雪姫を殺さず眠らせたのか

なぜカメは駆け比べでウサギに勝てたのか

そもそもカメはなぜウサギとの駆け比べを自信満々で受けたのか……。

 

そんな、おとぎ話の中の小さな疑問を、主に生物学の観点から論理的に、時には大きく脱線しながら、解き明かしていきます。

筆者の豊富な知識から繰り出される壮大な謎解きは、こじつけにも思えるものの、妙に納得させられてしまいました。

 

特に面白かったのは、「桃太郎はどうして桃から生まれたのか」。

桃が魔よけの力を持つとされていたことや、桃の種が漢方では「桃仁」と呼ばれ使われていること、また、陰陽では「桃は陽、鬼は陰の象徴」とされていることなど、様々な事実から、桃から生まれなければならない理由を解明していきます。

 

表紙はかわいい絵なので、子ども向きの本なのかと思ったら、中身は結構大人向き。

小さい子の「なんで?」に答えるには内容が難しすぎますが、高学年の子と一緒に読んで、分からないこと調べたりしたら、楽しそうだなと思いました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*