【夏に流行!】手足口病とは? 症状と対策を知っておこう

Pocket
LINEで送る

最近流行ってきましたねー、「手足口病」。

手や足、口の中などに小さい水疱(水ぶくれ)ができる感染症です。
小さいお子さんがいる方なら、かかったことのある方も多いのではないでしょうか。
これから夏に向けて流行ってくる感染症ですので、小さい子は注意したいです。
そこで、手足口病の症状や対策について、まとめてみました。

  1. 手足口病ってなに?
  2. 手足口病の症状は?
  3. 感染を予防するには?
  4. 手足口病にかかったときに注意すべきこと

1.手足口病ってなに?

手足口病は、その名のとおり、「手」や「足」や「口」に水疱(水ぶくれ)ができる感染症です。コクサッキーウイルスやエンテロウイルスに感染することで起こります。
主に小さい子どもがかかり、発症者の90%が5歳以下といわれています。そのため、幼稚園や保育園で流行することが多いです。
流行時期は夏です。

2.手足口病の症状は?

はじめは軽い発熱や咳など風邪のような症状で始まることが多く、その後、手や足、口の中に2~3 mmの小さい水疱ができます。
潜伏期間(ウイルスに感染してから症状が出るまでの期間)は3~5日です。
ほとんどの場合、発熱は高くならず、水疱などの症状も数日で治ります。
注意しなければならないのは合併症です。
まれに髄膜炎や脳炎、心筋炎、急性弛緩性麻痺などの重篤な合併症を引き起こすことがあるのです。高熱が出る、熱が2~3日たっても下がらない、嘔吐、頭痛、ぐったりしているなどの症状がある場合は、合併症を引き起こしている可能性があるので、すぐに病院へ行きましょう。
特に大人がかかると、子どもより重症化することが多いようなので注意しましょう。

3.感染を予防するには?

手足口病の原因となるウイルスは、飛沫感染や接触感染、糞口感染によってうつります。

飛沫感染:感染した人の咳やくしゃみによりウイルスが飛び、口や鼻に入って感染する
接触感染:ウイルスが粘膜(口や鼻、目など)に入って感染する
糞口感染:感染した人の便が口に入ることで感染する

特に注意したいのは糞口感染です。
「人の便が口に入ることなんかないでしょ!」と思うかもしれませんが、これが意外とあるんです。例えば、赤ちゃんや2~3歳のひとりでトイレにいけない子が便をしたとき、おむつを交換したりおしりを拭いてあげたりしますよね。そのあと、しっかり手洗いができていないと、食事をしたときに便中にいたウイルスが口の中に入ってしまいます。また、ウイルスには感染しているけど発症していない人でも便にウイルスが出できます。そのため、手足口病を発症していなくても、周りに発症者がいれば、感染して便中にウイルスが出てくる可能性があるのです。
手から口へウイルスが入るのを防ぐ最も良い方法は、よく手を洗うことです。トイレに行ったあとや食事の前は特によく手を洗うようにしましょう。

4.手足口病にかかったときに注意すべきこと

手足口病では口の中にできた水疱が破れてできる口内炎で痛くて、ごはんが食べられないということがよく起きます。症状自体は軽くすむことが多いのですが、それでも数日間口の中が痛むというのはつらいものです。特に大人は、子どもに比べて症状がひどくなることが多いです。食べ物はおじやなど、刺激の少ないものにし、できるだけ栄養を取るようにしましょう。また、口の痛みで水分をとることを控えがちになってしまい、脱水症状を起こすこともあるので、水分補給もこまめにするように気を付けましょう。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*