イライラすることは、自分の貴重な時間を奪われているのと一緒。

Pocket
LINEで送る

こんにちは、あかねです。

イライラすることってありますよね。

どうにも納得いかなかったり、理不尽に怒られたり。イライラの原因は、至る所に転がっています。

 

例えば、1週間前のこと。

「ほら! 練習するよ!」

私がたまに手伝いに行っているスポーツクラブで、遊びまくっている小学生がいました。みんなが練習している中、その2人はずっとふざけていて、全く練習しようとしません。

「2人とも遊んでやんと! ちゃんと練習しいや!」

何度か声をかけ、逃走する2人を連れ戻すというのを繰り返していたのですが、一向に遊ぶのをやめません。

 

なんで練習できひんねや! この野生児たちは!

 

態度にこそ出しませんが、心の中はイライラー、イライラ!

 

とはいえ相手は小学生。しかも低学年。

「よっしゃ。じゃあ、この技どっちが先にできるか2人で競争な!」

と、なんとか練習するよう誘導。

イライラすることはあっても、やっぱり小さい子は可愛いです。

 

でも大人相手だと、そうはいきません。

特に仕事だと上下関係があるので、イライラしても、グッと我慢するしかありません。

 

イライラしている上司にめっちゃ冷たい態度をとられたとき。

失敗を押し付けられたとき。

仕事が順調に進まないとき。

 

仏のように無心で受け止めたくても、イライラやモヤモヤがどうにも溜まってしまうこともあります。

 

でも、そのイライラしている時間って、ものすごくもったいないと思うんです。

イライラするということは、イライラする相手のことをずっと考えているということです。

「なんで、こんなことするんだろう」

「なんで自分が我慢しないといけないんだろう」

そんなことを、ずっと考えることになる。

相手のことを考えるということは、その人に自分の時間を割いているということ。

イヤな相手に自分の大事な時間を奪われているということです。

それって、すごく悔しいし、もったいない。

イライラして、自分の時間を奪われるなら、その時間に新しいことや、違う解決策を考えた方がよっぽど有意義です。

時間は有限です。

イライラする人に割いている時間は、ありません。

たとえイライラすることがあったとしても、「そういう人だ」と割り切って、他のことに時間を使う。

その方が、自分の大切な時間を有効に使うことができるはずです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*