映画「ライオンキング」動物たちが本物みたいで圧巻だった

Pocket
LINEで送る

こんにちは、あかねです。

 

映画「ライオンキング」を観に行ってきました。

「超実写版」というだけあって、動物たちがまるで本物みたいでした!

最初にネズミが走り回るシーンがあるのですが、そこでかなり驚きました。

もう、本当に本物にしか見えない。まるで野生のネズミを撮影しているみたいでした……。

 

もちろん主人公シンバのクオリティもすごかったです!

特に子どもの頃のシンバはコロコロしてて可愛くて、子どもライオンらしいフワフワな毛並みがリアルに再現されていました。

表情や動きも野生動物みたいで、特にライオンやハイエナが獲物を狙うところはリアルすぎてめっちゃ怖かったです……。

ディズニーの怖いシーンが苦手な私は、心臓バクバクでした(笑)。

今回観たのは2Dでしたが、3Dなんて絶対観れません!飛び出してくるとか、絶対怖い!(笑)

 

ライオンキングは迫力あるシーンだけでなく、かわいいシーンもいっぱい!

特にイボイノシシの「プンバァ」とミーアキャットの「ティモン」のコンビはかわいすぎました……。

吹き替えはプンバァが佐藤二朗、ティモンはミキ亜生だったのですが、声がめっちゃ良かったです。

歌を歌っている場面がたくさんあるのですが、それがめっちゃかわいい!

ふたりのやり取りが緩くて適当で、クスッと笑えてとても癒されました。

 

ライオンキング、私はアニメ版を観たことがなかったのですが、とても面白かったです。

知っている曲がたくさん出てくるのも楽しいですね。

期待して観に行ってよかったです!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*