GIMPで写真編集!写真の一部を切り抜く方法

Pocket
LINEで送る

こんにちは、あかねです。

今回は、無料画像編集ソフト「GIMP」を使って、写真の一部を切り抜く方法を紹介したいと思います。

切り抜きができると、背景の色を変えたり、他の写真と合成できたりと、いろいろ楽しめますよ!

ではではー、早速いきましょう!

 

写真の一部を切り抜く方法


今回は、赤ちゃんペンギンを切り抜いていきます。

まず、「パス」のアイコンを選びます。

「パス」は、自分の好きな形に選択範囲を作ることができます。

丸や四角のような簡単な形ではなく、複雑な形の切り抜きをしたい場合に便利です。

(曲線もキレイに引けるので、切り抜き以外にも、ハートマークを作ったりするのにも使えます。)

 

切り抜き部分が見やすいように、写真を拡大します。

切り抜きたい部分をパスで指定していきます。

切り抜きたい部分を左クリックしていくと、線でつながっていきます。(左クリックした部分は、白丸がつきます。)

特に曲線部分は細かくクリックしていくと、滑らかに仕上がります。背景が入らないよう気を付けながら、丁寧に線をつないでいきます。

最後の白丸は、左クリックしながら動かし、最初の白丸とくっつけます。

赤ちゃんペンギン全体をパスで囲むことができました。

続いて、パスで囲った線を、選択範囲にしていきます。

「選択」から、「パスを選択範囲に」をクリックします。

パスの線の上に点線が入り、ペンギンが選択された状態になりました。

次に、「選択」から「選択範囲の反転」をクリックします。

これで、選択範囲はさっきと逆になり、ペンギン以外の背景部分が選択された状態になりました。

背景部分を透明にしていきます。

「レイヤー」から「透明部分」を選び、「アルファチャンネルの追加」をクリックします。

「編集」から「消去」をクリックします。(もしくは「delete」を押します。)

すると、選択されていた背景部分が消え、透明になります。

最後に、「選択」から「選択を解除」をクリックします。

これで、赤ちゃんペンギンの切り抜きの完成です!

「PNG」ファイルで保存しておけば、透明部分を維持したまま保存することができます。

背景を好きな色に変えたり、他の写真と合成したりできますよ!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*